ベビーマッサージは危険!?事故増加の原因と注意点

この記事は3分で読めます

Sponsord link
bebima

これから子育てを経験する妊婦さん、
出産後の育児を猛勉強中の新米ママに
ベビーマッサージ(通称ベビマ)が良いと話題になっています。

それに伴い事故が懸念されています。

大切な我が子に嫌な思いをさせたいと思う親はいないはず。

ベビマによる事故の原因・注意点を理解して
健全な親子関係を築いていきましょう。

目次

 

ベビーマッサージとは?

bebima2

読んで字の如く、赤ちゃんに対してマッサージをしてあげる事です。
ただ、勘違いしてしまう人もいるのですが、
誰かプロの人に頼んで自分の赤ちゃんにマッサージしてもらう
という事ではありません。

母親、父親となりこれから赤ちゃんの成長を見守っていく、
生活を伴にするあなたが自身が赤ちゃんに行っていく
のがベビーマッサージの大切な部分になっていきます。

ほとんどの方が、母親が子供にしてあげるという概念を
お持ちですがお父さんだっておじいちゃんだっておばあちゃん
だって、ベビーマッサージはしてあげてもいいですし
是非してあげるべきでしょう。

また、あなたから赤ちゃんにできる最初の贈り物とも言えます。

ベビーマッサージの事故

bebima3

 

ベビーマッサージでの事故は、あまり報告が
されていないのが現状です。

しかしながら、実際に起こってしまった事故が
皆無というわけではありません。

①オイルで赤ちゃんの皮膚が被れてしまった。

②強く揉み過ぎて関節が外れてしまった。

③オイルを塗りすぎてすべりが良すぎる状態で
抱きかかえたときに赤ちゃんを落としてしまった。

④マッサージをする人がイライラしている状態で赤ちゃんと
接してしまい、うまくマッサージができずに赤ちゃんを叩いてしまった。

少ない事故の中でも、一番割合が多くなってくるのが①になります。

③と④に関しては、非常に少ない例ではありますが
実際に起こった内容ですので十分に注意をする必要があります。

では、以上のベビーマッサージにおける事故を回避するには
どうしたらよいでしょうか。

ベビーマッサージの事故回避方法

ベビーマッサージでの事故回避方法ですが、やはり
一番注意していただきたいのが「オイル選び」になります。

「私が使っているものだから大丈夫だろう」
「ベビーオイルだから大丈夫だろう」

という安易な選び方ではダメです。

大人が使っているオイルには、添加物やアレルギー物質
などが含まれている可能性がほとんどです。

また、ベビーオイルに関してもほとんどの商品は
アレルギー物質が少なく無添加のものなんですが、
そうじゃないものもあります。

ですから、オイルによる皮膚のかぶれを防ぐには
「100%天然で、アレルギー物質のないオイル」
を選らんで使う事です。

これ以外に回避方法はありません。

オイルかぶれの事故回避おすすめはこちらのエミューの雫です。

こちらは、もし赤ちゃんがいたずらに口の中にいれてしまっても
まったく問題になりませんし、マッサージをやめて余ってたとしても
大人が使用していただいても大丈夫なものなのでおすすめです。

②に関しては、お母さんのあかちゃんに対する認識不足が
引き起こす事故です。
赤ちゃんは非常にデリケートです。赤ちゃんにあった適切な
力でマッサージをしてあげなければ、重大な事故を引き起こす
事になります。

マッサージの仕方が分からない、力加減が分からないという人は
ベビーマッサージの正しいやり方がわかる人に直接指導をして
もらうといいでしょう。

ベビーマッサージ教室を個人で開いている人が多いですので
探してみてください。

③は、正しいオイルを使っていたが、適量が分からずに塗ってしまう事で
起こってしまった事故ですね。

適量は「赤ちゃんの肌になじむ程度」で大丈夫です。
塗りすぎにはくれぐれも注意してください。

④は、事故とは一見関係の無いように思えますが
ベビーマッサージをする上で、非常に重要な心構え
になってきます。

ベビーマッサージで一番重要な事は
「赤ちゃんとママがマッサージを通じて、コミュニケーションをとる事で
お互いの心を通わせる事」にあるでしょう。

もちろん、ママだってイライラする事はあるでしょう。

眠たい事も、疲れる事だってあるでしょう。

でも、ベビーマッサージをする時は、赤ちゃんの目を見て
優しく喋り掛けてあげてください。

優しく名前を呼んであげてください。

優しく身体を撫でてあげてください。

 

国家資格の無いベビーマッサージ

sikaku

現在、ベビーマッサージ業界には国が認定した資格というものがありません。
インターネットで検索をして出てくるベビーマッサージの資格は全て民間の
企業で認定した資格になります。

ですから、単にベビーマッサージの資格をもっているからといって
全ての資格が良い資格とは限りません。

また、資格を保有している人もベビーマッサージ教室という形態で
運営しており、資格保有者が赤ちゃんに直接マッサージを施すのでは
なく、マッサージはお母さんが施し、あくまでマッサージを教える立場に
とどまります。

それは、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律
というものがあるためです。

その第一条に、医師以外の者で、あん摩、マツサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マツサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。

となっているためです。

つまりは、国家資格を有さない人が他人にマッサージを行いお金を取ってはいけない。
ということになります。

ただし、全部が全部のベビーマッサージの資格がダメというわけではありません。

もし、ベビーマッサージ教室に興味があったり、ベビーマッサージの資格を民間でとりたい
という場合は、十分な注意が必要という事を理解していただきたいです。

ベビーマッサージの資格を持つ基準というのは、資格を発行している企業または
協会が決めたものになります。

ですから、よくインターネットで「2日で取れる簡単ベビマ資格」とか
「誰でも簡単にベビマ教室を開ける」という謳い文句の宣伝を目にしますが、
その資格を発行しているところが本当に信用のおける会社なのか?
という見極めがしっかりとできるかどうかが問題になってきます。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

民間の資格で安心できる資格発行元なども今後リサーチして
ご紹介していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 赤ちゃん
  2. てあしくちびょう
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

  1. youtube

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。