pm2.5の洗濯物対策ってこんなんでいいの?

この記事は2分で読めます

Sponsord link
PM2.5

テレビをつければ「PM2.5の濃度が~」「中国から飛んでくるPM2.5が~」なんてやってるもんで、洗濯物の対策をしなくちゃならないのかな?と、ちょっと不安になってる自分と、別にくさいわけじゃないから良くないか?と思っている自分がいるので、そもそもなんなんだっていうとこから見ていきます。


トレンドニュース ブログランキングへ←←←応援クリックお願いします。

 

体への影響は?

PM2.5を吸い込むと、気管支炎や喘息などの症状の原因になるんだとか。しかも花粉なんかにくっついて体内に侵入してくる事も多々あるようで、花粉症の書状が著しく悪化する場合もあるんだって!

超ーーーーやばそうですね!いったい何者なんでしょうか。

PM2.5の主な成分

PM2.5を構成している成分には、炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩のほか、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどの無機元素などの物質が含まれているんだって!

科学が苦手な僕が見ても、名前的になんだか吸い込んだら「うっ!苦しい!」ってなりそうな物質ばかりですね!アルミニウムなんか入ってるし!奥歯がキンッってなりそうw

洗濯物に付着したら気分的に嫌ですね・・・・対策はないんでしょうか?

発生原因を突き止めて撲滅しちゃえばいいじゃないでしょうか?

 

PM2.5の発生原因

PM2.5の発生原因は、燃焼による煤塵、黄砂のような飛散土壌、海塩粒子、工場や建設現場で生じる粉塵なんだそう!

中国で話題になっていたのは、旧正月に行う爆竹や花火の打ち上げって取り上げられていたけど、燃焼による煤塵ってことは、キャンプファイヤーや焚き火なんかでもPM2.5は出るって事ですよね。

むむむむむ!?!?騒がれだしたのは最近だけれども、よくよく考えれば昔から身近なところでバンバンとんでいたのではなかろうか・・・・・洗濯物になんていつでもくっついてそうな気がしますが・・・PM2.5の原因を絶つことは難しそうですね。

身近なところにもっと危険が・・・

調べてみて一番のびっくりです。

日本には、環境基準が以下の環境基準が設けられているんですが、

■35μg以内:環境基準以内
■70μg以内:特に制限無し
■70μg以上:注意喚起(不要不急の外出はしない)

なんてものがあって、中国では約300μgと測定されているんだって!ひゃーーーー!

これだけじゃないんですよ!一番の驚くべきポイントは!

な!な!なんと!新幹線の喫煙所や、その辺にある喫煙席なんかで測定すると、最大で700μgの測定結果がでちゃうみたいです!

とういう事は・・・たばこを吸っている人は、700μgのPM2.5を自ら吸引している事になってしまうのではないでしょうか!?

なんだか調べていたらすごい事になってしまいましたが、僕なりの洗濯物のPM2.5対策ができあがりました!

対策としては、「PM2.5飛来してこない環境で洗濯物を干す事

ちょっと分かりにくいですかね。

PM2.5を心配される方は、

①外干しは極力控えて部屋干しにする事。

②部屋の中ではたばこは吸わない事。(※部屋中PM2.5になります!)

③部屋の中を毎日(忙しい人は掃除機だけでも!)ほこりなどを除去して清潔に保つこと。

以上が、PM2.5を洗濯物から守る現状できる最善の策なのではないでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. デスゲーム
  2. 新宿焼身自殺
  3. jpg
  4. jpg
  5. 塩村文夏
  6. ALS
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

  1. youtube

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。