まんだらけ変やって何?万引き犯人公開画像で警告の結末 犯人画像も!

この記事は3分で読めます

Sponsord link
mandarakehenya

東京・中野区のアンティークのおもちゃを扱う
お店「まんだらけ」が万引犯の画像を公開する
という警告をした事が賛否を呼び話題になっています。

ネットで検索をかけてみると
「まんだらけ変や」と出てくるので調べてみました。

実際にまんだらけHPで警告した後の
結末はどうなったかも調べてまとめてみました。

まんだらけ変やって何?

まんだらけ変やっていうのは、どうやらまんだらけの店舗名
らしいです^^;

まんだらけ変やは、中野区の店舗。

中野ブロードウェイ4Fに店舗を構える
アンティークのおもちゃを取り扱う店舗に
なっています。

入り口がかなり個性的で目を惹く存在感がありますよね^^

mandarakehenya

 

万引き犯人公開画像で警告

事の発端は、2014年8月4日。

まんだらけ中野店(変や)店舗内の
ショーケースからマンガ「鉄人28号」の
ブリキ製のおもちゃ(店舗価格28万円)が盗まれた。

それに対しまんだらけは、中野署に被害届を
出すとともに、防犯カメラに写った万引き犯と
思われる男性の顔にモザイクをかけた画像を
同社ホームページに2014年8月5日に掲載。

そのときの文書がこちら。

まんだらけ

 

「1週間以内(8月12日まで)に返しに来ない場合は
顔写真のモザイクを外して公開します」と万引き犯に
警告をした。

という事なんですが、ここまでTVやネットで話題に
なって初めて気付いたんですが、このやり方って
ありそうでなかった斬新な方法なんですね!

警告画像公開の結末

きたるXデーとなる万引き犯公開日の2014年8月13日
ですが、とうとう万引き犯は盗んだ商品を返却しには
こなかったようです。

という事は、いざ画像晒しが来る!

と、思いきや・・・・

万引き犯画像公開は無し!

という結末を迎えた。

ネットでは祭りになっていただけに
腑に落ちない人も多かったのではないでしょうか。

まんだらけは、警察からの申し出で
「捜査に支障がでる恐れがあるため、止めてくれ。」

という事だった様で、店舗側がそれに従った形に
なったようです。

指名手配犯を追い込むのに良い効果を発揮する
と思うので是非今後も導入した方がいいと思う
んですが、

どうやらそう簡単に事が運ぶわけでも
なさそうなんですね。

俗に言う風評被害というやつでしょうか。

今回の騒動は、単純な万引き(窃盗)騒動を
はるかに超えた領域に達してしまっていました。

経済効果5億円!?

今回のまんだらけ変やの万引き(窃盗)犯画像公開警告
の騒動でTV・ネット・ラジオ・新聞・雑誌等のメディアで

大々的にこの騒動が取り上げられて話題になりました。

CMに換算すると5億円の価値があったそうなんですね。

それをタダで広めてもらえたとなると相当な事なんじゃないかと
思えてなりませんよね。

「まんだらけ」を知らない人が知ることになるでしょうし、
名前しかしらなかった人は取り扱い商品を知ることになるでしょうし、
鉄人28号のおもちゃが欲しかった人も買える場所として知ること
ができたでしょうし。

25万円という商品の損はしたかもしれないけど
5億円といわれる広告費がタダになったと考えれば

結果的には良かった?のでしょうか・・・

いや、でもそれはそれ・これはこれというところですよね。

やっぱり万引きは窃盗罪というれっきとした犯罪ですし
今後もこれにならった店舗や企業がでてきて

実際に万引き犯の数が減ったりすればやっぱり
効果的だったんだという証明になりますし

万引き犯がいなくなれば画像を公開する事も
なくなるという良いスパイラルができるとも
思うんですけどね^^;

あまりの反響に近隣店舗や類似店舗では?

あまりの反響に近隣店舗や類似店舗では

■25万円で販売されていたという報道があったから
売って欲しいという一般客からの問い合わせ。

■そこに売っている鉄人28号は盗品なんじゃないか?
というあらぬ疑いをかける問い合わせ。

■どういう商品なのか30分以上も鉄人28号の
おもちゃについて商品説明の電話。

■盗まれたモノとは別の鉄人28号のおもちゃを
「同じものだから10万で買い取りしてくれ」
という問い合わせ。

などなど、ここで紹介した以上の問い合わせが
毎日殺到しているそうな・・・

コールセンターがあるわけじゃなく
店舗レベルでこの殺到する問い合わせの
電話は一般客ならまだしもおもしろ半分や
興味本位でかけてこられると甚だ迷惑でしょう^^;

店舗構えて販売店としてやっている以上
冷たくあしらうわけにもいかないでしょうし

こういう輩が増えるという意味では、
今回の万引き犯画像公開警告は
失敗と言えるのかもしれませんね・・・

しかし、第一弾という事でこれだけ反響が
ありましたが、スーパーや本屋、雑貨店、
家電量販店など万引き(窃盗)に悩まされる
店舗型小売店が当たり前のように
画像公開をしていけばやはり防犯
になるんじゃないでしょうか?

きっと今回の件で犯人は
「やっぱり公開されなかった。次やっても公開されないだろう」

という心境になるかもしれませんし、
他の万引き犯(窃盗犯)も
「どうせ全国に知れ渡るわけでもないし万引きしちゃお」

という心境になってこれから万引きを誘発してしまうかも
しれませんよね・・・

すべての元凶は、「他人のものを盗む犯罪行為をした人」
だと思うので、盗む人も何されてもいい覚悟を持った人
という公然の認識のもと動いていかないと
いけないのではないでしょうか。

犯罪に、軽いも重いも無いと思います。
「自分以外の他人が苦痛や損害こうむる行為、嫌だと思うような行為」
は、してはいけないという認識を改めて思うばかりです。

 追記 万引き犯逮捕

万引きをしたとして逮捕された千葉市のアルバイト、
岩間和俊容疑者(50)は、おもちゃを3日後に
中野区内の別の中古品販売店で6万4000円で
売却したそう。

調べに対し「ショーケースの扉が少し開いていたので
盗めるかなと思って盗んだ。売ってお金にしようと思った」
と供述しているそうです。

ちなみにTVのニュースではモザイク無しで顔が公開されました。
万引き犯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 塩村文夏
  2. ALS
  3. 海
  4. 橋本環菜始球式5
  5. レモネード販売ザック君
  6. セーラームーン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

  1. youtube

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。