消えた長井秀和は現在創価学会ネタで再ブレイク!?ダンス×不倫も話題!

この記事は3分で読めます

Sponsord link
長井秀和

「まちがいない!」のキャッチフレーズで一世を風靡し、その後

不倫問題などが原因でメディアから姿が消えた長井秀和さん

が現在自虐ネタともとれる創価学会ネタで再ブレイクを狙っている

と話題になっています!ダンスも取り入れてくるのか!?

プロフィール 伝説の持ちネタ「間違いない!」

長井秀和

■名前:長井秀和(ながい ひでかず)

■生年月日:1970年1月3日

■血液型:C型

■身長:170cm

■最終学歴:創価大学文学部

■所属事務所:タイタン

■口癖「間違いない!」

長井秀和さんの父は、元武蔵村山市議を務めた政治家なんですね。

長井秀和さんといえば「間違い無い!」というフレーズが伝説的なヒットを飛ばしました。

実はこのフレーズ、劇団ひとりが長井の口癖を大袈裟に

真似するときに、「間違いない!」というフレーズを連発していたところからヒントを

得て自分自身の漫談に「間違いない!」を持ちネタとして披露したところ

会場は大うけ!これはいけると確信した長井秀和さんは、「間違いない!」を武器に

芸能界で大いに活躍されました。

メディアから消えた理由

一番の消えた理由は、2007年5月下旬にフィリピンに滞在中に、17歳の少女にわいせつな

行為をしたとして現地の警察を名乗る男数名に拘束され、金銭での解決を提示された

長井秀和さんは、日本にいる妻を通じて約100万を振り込みを行い解放されたという事件が

発端のよう。ちなみに、17歳と称していた少女は実際は24歳の成人女性でわいせつな

行為自体もしていなかった事が判明。いわゆる、美人局にあったという事ですね。

無実ながらもそこはやはり芸能人。イメージは急降下になってしまい、

この美人局騒動をきっかけに仕事が激減したんだとか。

しかし、これだけでは終わってれいればまだましだったかもしれない。

美人局騒動の後、カナダ人タレントと不倫騒動を同年の10月に起こし

仕事はもはや皆無に。

妻と子供

不倫騒動がきっかけで妻と子供は離別。毎月10万の養育費を払うことなるが

仕事は一向に増える気配がない。全盛期の長井秀和の年収はなんと

1800万円もあったのだが、15万円に激減したという。

その後 英会話講師をして食い扶持をつないでいたんだとか。

人生なにが起きるか分かりませんね。とはいえ自分で蒔いた種とはこの事。

子供がかわいそうです。

創価学会ネタで再ブレイクを狙う!

創価中学・高等学校から創価大学まで出ている長井秀和さん。

追い詰められた状態からは、何をするかわからないものですね。

禁断のネタを解禁し、精力的にライブに出始めたそうなんですが、

そのネタというのが創価学会ネタなんだそう。

『選挙前に必ず勧誘電話』

『対立候補はお祈りで落選』

『池田大作は生きているか死んでいるか分からない』

『次の選挙は公明党に一票お願い致します。』

などなど、過激すぎるネタを連発しているんだとか。

もちろん、かなりブラックなネタなだけに、最初は会場はざわざわ・・・タイムだったとか。

しかしながら、この捨て身ネタが話題を呼び、学会ネタを観たいという創価学会信者や

皮肉な笑いが好きなファンが集まり始めてるんだとか。

筆者もまだ見たことはないのですが、かなりブラックなネタなだけに一度は

観てみたいものですね!

しかし、ネタがネタなだけに、TVではもちろん使えるライブも限られてるだとか・・・w

是非TVでやってみてもらいたいものですけどね!

本も出した!?

2014年2月には『創価学会あるある』という本まで出版しているようです!

まぁ文字通り創価学会のあるあるネタが書かれた本になるんですが、

表向きの著者は「創価学会ルール研究所」となっているようなんですが、

実は、この本を書いたのは長井秀和だと公言しているんだそう。

創価学会あるある

新品価格
¥1,296から
(2014/7/4 15:34時点)


凄く面白そうなので筆者も買っちゃいました^^

お近くの書店にも置いてあるかもしれませんが、ちょっとマニアックそうな本なので

Amazonで購入してしまったほうが手っ取りばやかもしれません。

ダンス

自虐ネタだけではさすがに返り咲くのは難しいという事でしょうか。

実は、長井秀和さんは社交ダンスでも返り咲きを狙っていそう。

『男の獣道』という社交ダンスユニットを組んだり、社交ダンストーナメント

ではあの前田敦子のモノマネでお馴染みのキンタロー。と組んだりも

しているんだとか。

ゴールデンの番組などで取り上げられ人気がふつふつと上昇してきている

社交ダンスなんですが、これに便乗する形で、長井秀和さんは再ブレイクを

狙っているようなんですねぇ。

最後に

もともとしゃべりがうまく司会なども務めていた長井秀和さんなので、

崖っぷちネタでも、ダンスでもきっとまたTVに出だしたら面白く

なるんじゃないかなと思います。

ただ、また売れ出したときには羽を伸ばし過ぎない様にしないと

同じことの繰り返しになりそうで恐ろしいですね^^;

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキング参加しています。クリックお願いします。

トレンドニュース ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 林家木久扇
  2. 春一番
  3. 綾瀬はるかサムネ
  4. 山本美月サムネ
  5. 後藤真希サムネ
  6. 長澤まさみサムネ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

  1. youtube

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。