野々村竜太郎議員の釈明会見がひどいと話題に!動画で解説!!

この記事は2分で読めます

Sponsord link
野々村竜太郎

2014年7月2日に行われた野々村竜太郎議員の釈明会見が、

釈明になっていない!市民を馬鹿にしている!ひどい釈明会見だな!

など、釈明会見としての質が問われる事態となっているようです。

いったいどんな釈明会見だったのか?を動画で紹介します。

野々村竜太郎議員のプロフィール

野々村竜太郎

■名前:野々村竜太郎(ののむら りゅうたろう)

■生年月日:1966年7月29日

■出身校:関西大学法学部卒業

■前職:川西市役所職員

■所属党政:西宮維新の会

■称号:法学士(関西大学)

活性黒にんにく

騒動の発端

2014年7月2日に釈明記者会見を行った野々村竜太郎さん。

2013年度の政務活動費として300万以上を支出しており

その理由として兵庫県豊岡市、佐用郡佐用町、東京都、福岡県福岡市

の4ヶ所を日帰りで195回訪問したが領収書が無く、往復切符代が300万以上

に達したとしている。

そもそも、市役所職員で契約管財課に勤務経験のある野々村竜太郎さんなら必要経費

として計上するには領収書が必要という事ぐらい分かると思うのですが・・・^^;

というよりは、一般の企業であっても日帰りだろうがなんだろうが、経費計上するには必ず

領収書ないしレシートが必要というのは、一般常識の範囲を出ない事だと

思うのは僕だけでしょうか?

野々村竜太郎議員の政策

ちなみに野々村竜太郎議員は、自らを「私たち西宮市民の最後の希望」と称し、

クリーンな政治の実現を訴えている人物。

しかも、その内容は不正経理は絶対に許さず、

徹底的に追求すべきだと主張しているんですね。

そして、行政改革を推進し、財政支出の縮減を図るともしているんです。

議員報酬の半減を掲げていて、この案に反対する兵庫県議会議員の実名と

反対する理由を全面的に公開せよとも訴えているんですよ。

政策としては、実現すれば本当に素晴らしい政策だと僕は思います。

政治家の使途不明金は山ほどありますから、透明性のある財政管理は徹底される

べきだと思いますし・・・ただし、言ってる事とやってる事が真逆すぎるというところが

見ていて痛々しい。

マニュフェストが言ってるだけで終わってしまう政治家なんて山ほどいますが、

掲げた政策を自ら即効で破るような行動をとる政治家も珍しいように思えますね^^;

釈明会見を動画で


阿鼻叫喚という四字熟語がここまで似合う記者会見も珍しいと思います。

自らのしたことにが正しいのであればもっと胸を張って主張するべきなのでは

ないでしょうか。

また、自分に至らない部分があるのであれば素直に認めて

「釈明会見」ではなく「謝罪会見」にすべきなはず。

最後に

今回の騒動は、政界ではあたりまえのようにしてきた事

なんじゃないかなと思います。

一番の問題は、「議会の手引き」という政治家のルールみたいなものなのでは?

この「議会の手引き」が活動費の不正利用などの温床になっているのであれば

ルールを厳格化するだけで、ほとんどの不正利用が防げる気がします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加していますので応援よろしくお願いします。

トレンドニュース ブログランキングへ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 江口直人
  2. レモネード販売ザック君
  3. 集団パニック
  4. ナゲット
  5. セーラームーン
  6. 武田スッキリ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

  1. youtube

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。