マレーシア航空機墜落事故に中国軍関与か!?それともテロ!?墜落原因公開!?

この記事は2分で読めます

Sponsord link
jpg

飛行機

謎が謎を呼んでますよね!マレーシア航空機墜落事故!なんだか雲行きが怪しくなってきまし

て・・・ただの事故じゃない?テロでもない?中国軍が関与してるんじゃないかー!?というような情報が入ってきましたよーーーー!

中国軍関与説

中国の自作自演説である可能性が高いそうですよ!?

えーーーーーまぢかよ!自作自演ってどういう事なのさ!?

実は、中国が今回の事故を機に「南シナ海に中国軍の基地をつくるべき」っていう主張をし始めたようなんですよね!

海軍情報委員会委員長である尹卓氏がインタビューで

「海上での航空機事故での生存の可能性は低いです。民間航空機にはパラシュートなどの救命器具は装備されていません。しかし完全に可能性が0となったわけではないです。」

つまり、南シナ海での海難救助の基地にするために、港とターミナルを作るべきなんじゃないのかな?って言ってるんです。

筋書きとしては世界から賞賛を得られる行動なのかもしれませんが、

現在の世界情勢を見る限り、というより日中の関係をみる限り

大義名分を装った「侵略行為」なんじゃないのかなぁ?っていう風にしか思えてなりません。

しかも!しかも!しかも!!

中国軍が不明な民間機を撃墜する命令を出していたっていうじゃないですか!

ちょっと僕たちからするとそこまでするか!?って感じますよね!?

僕はそう感じましたね!

テロによる犯行説

飛行機を使ったテロといえば、「9.11」で有名なアメリカ同時多発テロ事件が覚えが新しいですね!

多くの人間が亡くなった悲惨なテロ事件でした。テロ事件後には、ビンラディン率いるアルカイダが犯行声明を出していましたね。

ちょっと、今回のマレーシア航空機墜落事故に照らし合わせてみると、本当にテロなのってなりませんか?

だって!テロリストって国に何か不満があって、それに対して主張するために体を張って自爆したりするわけです。

そして、自分たちがやったんだぞって世界に知らしめないとただの無駄死にになってしまいます。

今回のマレーシア航空機墜落事故って犯行声明がないんですよ。

ただの事故起こしたってなんのメッセージにもなってないですよね。だから、僕はこれはテロリストの犯行ではないんじゃないのかなって思います。

ただの事故?

いやいや~陰謀とかいってもただの事故なんじゃないのって考えもあったんですが、それはないなって事が分かります。

まず一つ目、天候は良好。飛行機が落ちる要素を何一つ持ち合わせない天候。

そして二つ目、エンジントラブルによる故障があった場合、通常は空港に通信が入るはずが、今回の事故に関しては、連絡がひとつも入らなかった。

この2点を考えただけでも、ただの事故で片づけられない事が分かりますね。

まとめ

もし今回のマレーシア航空墜落事故が中国軍が関与していて、基地を作るための口実づくりだとしたら、ちょっと馬鹿な国だなって思います。だってバレバレですよ。こんなの。

もしテロならば、さっさと犯行声明出せよ・・・・って思います。何したいのかどこのグループなのか何が言いたいのかのメッセージも伝わりません。

とりあえずどっちだったにしても、ちょっと雑すぎる犯行だと言わざるおえないですね。

今後も追っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. nakajou
  2. 佐村河内守サムネ
  3. PM2.5
  4. 地震
  5. mandarakehenya
  6. 野々村竜太郎
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

  1. youtube

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。